• 2009.06.17 Wednesday
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • -
  • pookmark
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

神座(かみくら)
週末にトレッサのKISSHOで買ってきた神座というイモ焼酎を飲んでみました。

アルコール度数が28度とちょっと高め。3度と少し普通の焼酎よりは濃いめ。
芋の甘みが口の中に広がって、とっても美味しい焼酎です。

今日はロックで飲みましたが、お湯割りでも美味しいかも。
ついつい飲み過ぎちゃいます。
P1000407
佐世保バーガー初体験
今週末は横浜ららぽーとに家族でショッピング。
ランチタイムはどの店も混んでるなぁと店内を歩いていると、佐世保バーガーのポスターを発見。
ビックマンというベーコンエッグバーガーの生み出した元祖佐世保バーガーのお店との事。

店の前まで来てみると、それほど混雑もしていない。
というわけでお昼は佐世保バーガーに決定!
名前は聞いた事がありましたが、食べるのは初めてです。
P1000041

ハンバーガーが1つ500円程度と結構よいお値段をとりますが、注文を受けてからハンバーガーを作ってくれます。
P1000042

味もボリュームも満足度は高かったですね。息子も気に入ったみたいで普段あまり食べたがらないレタスもバリバリ食べてました。
P1000043

ビックマンじゃないけど、他の佐世保バーガーの店が自由が丘にあるようなので、今度はそっちに行ってみよう。
銀座天龍のジャンボ餃子
餃子をお腹一杯食べたい!
てな訳で、今日は家族で銀座天龍に餃子を食べに行ってきました。

ランチタイムは混んでるかなと、お店の前まで行くとそこには行列が。
最近、テレビで紹介されたらしいことを、並んでいる人が話してました。

送信者 モバイル

注文はもちろん餃子。
天龍自慢のバナナの様な大きさです。写真だと比較するものがないのでわかりにくいですが、10センチぐらいはありますね。

味の方は、まぁまぁかな。やさい中心でにんにくも入っていないので、にんにく好きの私にはちょっと物足りないかな。
とにかく、大きいので食べ応えは抜群でした。
送信者 モバイル


銀座天龍 (ギンザテンリュウ) (餃子 / 銀座一丁目、銀座、有楽町)★★★★ 3.5



JUGEMテーマ:餃子(ギョウザ)


梅蘭の名物焼きそば
日曜日は子供をつれて実家から自宅に帰る途中にセンター北に寄り道。
ランチはラーメン甲子園で済ませようかと3階まで上がると、そこには中華街の人気店「梅蘭」の看板が。

最近、チェーン化してあちこちに出店しているようだが、こんなところにまで。
もともとラーメン甲子園の別のラーメン屋が出ていたスペースにひっそりと出店されている。

梅蘭といえば名物の梅蘭やきそば。
息子も麺類が大好きなので、迷わず注文。

外はカリカリ、中身はとろとろ。

送信者 モバイル


送信者 モバイル


ワンタンスープと杏仁豆腐がついたランチセットがお得感があってよかった。
息子も私も大満足です。

全く並ばないし、味も同じだし。これなら、わざわざ中華街で行列するこことはないな。
秀味園の魯肉飯
妻が中華セイロが欲しいとのことなので、本日は中華街を散策。
お昼は久しぶりに魯肉飯を食べたいなぁと思い、秀味園へ。
開帝廟通にある人気店。なんと500円で魯肉飯が食べられるのです。

店構えは一瞬引くぐらいに、狭くて雑然としている。
が、そんなことは気にしません。安くて美味しければよいのです。
まぁ、中華街に観光やデートに出かけてきて、わざわざ入る店ではないですが・・・

秀味園
秀味園 posted by (C)ryo1

本日は、お目当ての魯肉飯と焼きビーフンをいただきました。
魯肉飯の味は昔から変わらないなぁ。
個人的には、八角を使ってもらってもっと香りをつけてもらっても良いと思うのですが、あえて八角は使わないそうです。
魯肉飯
魯肉飯 posted by (C)ryo1

外に並んでいる人もいたので、食べ終わったらさっさと退散と思いお会計をお願いすると、店のおばちゃんが、
「イーチェン チーパイ」
と・・・。ここは台湾?中国?どうやら日本語が苦手らしい。
2千円を渡すと、今度はおつりがないらしくレジ箱を見せてきます。
妻の小銭をかき集めても、1,690円しかなかったので全部渡すと、これでOKとのこと。
結局10円おまけしてもらいました。
日本にいながら、台北の現地の雰囲気を満喫できたランチタイムでした。
(現地の定食屋の方がちゃんとしてるかもね)

秀味園 (シュウミエン) (台湾料理 / 元町・中華街)
★★★☆☆ 3.0


事故米?
週末にトレッサ横浜にお出かけ。KISSYO SELECTに立ち寄ると、いつもながら素晴らしい品揃え。最近はまっている土竜や坐忘、日本酒では緑川あたりが常時販売されている。
今回は、KISSYO SELECT一押しということで吉兆宝山に決定。

今晩、早速晩酌とロックで吉兆宝山を飲みながらテレビをつけると
「西酒造、自主回収30万本!」
のニュースが。

「もう飲んじゃったぞ」と思いながら、よくよくニュースを聞くと対象の製品は薩摩宝山のみ。富乃宝山や吉兆宝山は関係ないとのこと。

安心して、もう一杯。
味の方はと言うと、人気の富乃宝山よりこちらの方が芋焼酎って感じがして私の好みに合っているかも。

吉兆宝山
吉兆宝山 posted by (C)ryo1

JUGEMテーマ:焼酎


仙台出張で牛たんを食す
本日は仙台まで日帰り出張。はやてで東京駅から1時間半なので近いもんです。

実は仙台駅に降り立つのは初めて。7月7日なので一部でも七夕の雰囲気が感じられるかも、と期待していたのですが、全く気配もなし。仙台ではどこにいっても七夕は8月7日のようです。

到着後の遅いランチにと仙台駅の地下で牛たんをいただきました。どこが美味しい店なのか全く手がかりがなかったので、駅構内のあちらこちらで、お土産を売っている「伊達の牛たん」に決定。

狂牛病騒動の際には、仙台から牛たんが消えたようなニュースを聞きましたが、今ではどこでも食べられるようです。オーストラリア、ニュージーランド産が中心みたい。

伊達の牛たん伊達の牛たん posted by (C)ryo1

ちょっと豪華に、芯たんという分厚い塩たんを注文。下の根元に近い部分を使っているらしく、当店が芯たんと名づけたとのこと。

牛タン説明図牛タン説明図 posted by (C)ryo1

お味は、とてもやわらかくてジューシーで最高でした。
携帯写真ではなかなかシズル感が表現できていないのが残念です。

芯たん芯たん posted by (C)ryo1

今回は滞在時間わずか5時間弱ぐらいでしたが、今度は泊まりでゆっくり楽しみたいですね。

伊達の牛たん本舗
ご褒美は芋焼酎「もぐら」
週末は土日ともにビーチバレーを我慢して家族サービス。
夏の太陽が呼んでいましたが、ぐっと我慢の週末でした。

今週末頑張ったご褒美に、自分で焼酎を買ってきました。トレッサの酒屋にはレアなものが入ってくるらしいのですが、今回私の目にとまったのは「もぐら」。

「五臓六腑にしみわたる」というラベルシールのインパクトにやられました。この体中に焼酎をしみわたらせてみたいと・・・

流通量は少ないらしく、購入できたのはラッキーなようです。

もぐらもぐら posted by (C)ryo1

裏のラベルには、
芋焼酎の材料では黄金千貫が理想と言われて久しい。今回、まるまる太った良質の黄金千貫が手に入った。ならば、この芋の地力を最大限に引き出すことこそ、蔵の勤めと感じた。
これを生かすため、七窪の自然湧水を使い、職人の技によって丹念に仕上げた。
芋はよろこんでくれただろうか。
今回、芋を見た時、もぐらを思い出した。そして、これが酒名の由来となった。

と焼酎の名前の「もぐら」の由来が書かれていました。

「良い素材を手に入れたら、その力を最大限に引き出すことが蔵の勤め」
蔵の思いが強く伝わってくる言葉です。

入ってきたものの力を最大限に出すだけではなく、蔵を強くするためには良い素材しか手に入れないという強い意志や仕組みが必要だと思いますが、この蔵(さつま無双)ではどうしているんだろう。会社でも良い素材(人材)を入れて、力を引き出すというのが最大のテーマなので、気になりますね。

早速、晩酌に「もぐら」をロックでいただきましたが、芋の良い香りがして、すっきり飲みやすく非常に美味しかったです。
このペースで飲んだら、すぐなくなっちゃいそうです。

JUGEMテーマ:焼酎


中華街「上海豫園別館」の小龍包
妻のツワリが落ち着いてきて「美味しいものを食べに連れて行け!」との強い要請。

横浜に住んでいるのに、中華街には1年ぐらいご無沙汰だったので、中華街に小龍包を食べに行くことに決定。外は猛暑ですが、妻は珍しく張り切っていました。

お店は小龍包の評判が高い上海豫園さん。中華学院のすぐそば。
週末のお昼時なので予約をしないと入れないかなぁと思いきや、簡単に入れてしまいました。

上海豫園別館上海豫園別館 posted by (C)ryo1

2人+幼児1名なので大した種類は食べられませんでしたが、豚肉の小龍包と緑の皮に包まれたホタテや海老の入った小龍包を食べました。熱々スープもたっぷり入っていて、無茶苦茶美味しかった。妻も大絶賛でしたね。

2008070512451420080705124514 posted by (C)ryo1

2008070513031620080705130316 posted by (C)ryo1

その他、スープやご飯もの、中華ちまき等を食べましたが、どれも美味しかったですね。
息子は中華ちまきに夢中でした。

食後に、散歩がてらフラフラと中華街を歩いていると、関帝廟が見えてきました。7月26日(土)には関羽の誕生を祝う関帝誕なるお祭りが開催されるとのこと。それとは関係ないが、今日も観光客でにぎわっていました。関帝廟は商売の神様として世界各地の中華街に存在するそうです。

私も商売繁盛のお願いをしてくればよかったなぁ。

関帝廟関帝廟 posted by (C)ryo1

九龍・上海豫園別館 (キュウリュウ・シャンハイヨエンベッカン)
新橋「大友」の木の葉弁当
新橋で打ち合わせついでにランチをと、新橋SL広場の先の裏路地を歩いていると「昭和40年からの看板メニュー『木の葉弁当』」と書かれた看板を発見。ランチメニューはこの一品を40年以上続けているらしい。これは、一度、食べておかねばと本日のランチは木の葉弁当に決定!

新橋の大友新橋の大友 posted by (C)ryo1

店構えはこんな感じの小料理屋。
メニューは本当に、木の葉弁当一品。注文をすると10分ぐらいでお弁当が登場。

木の葉弁当木の葉弁当 posted by (C)ryo1

刺身と白身魚フライ、トマトサラダ、豆ご飯にお味噌汁の組み合わせ。
豆ご飯と味噌汁が素朴な味でおいしかったなぁ。

40年以上も変わらないで大丈夫な味というのは、このような「定番」の味なんでしょうね。驚きは無いけど、ほっとする美味しさです。

夜も今度来て見たい気もするけど、ちょっと高そうだな。

大友 (おおとも)
CALENDAR
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
ENTRY(latest 5)
ARCHIVES
CATEGORY
COMMENT
TRACKBACK
PROFILE
MOBILE
qrcode
LINK
         
jognote
    
    
RECOMMEND
マネジメント - 基本と原則  [エッセンシャル版]
マネジメント - 基本と原則 [エッセンシャル版] (JUGEMレビュー »)
P・F. ドラッカー,上田 惇生
企業経営の基本中の基本を押さえた良書。経営で悩んだら何度も読み返す。
RECOMMEND
テクノロジストの条件 (はじめて読むドラッカー (技術編))
テクノロジストの条件 (はじめて読むドラッカー (技術編)) (JUGEMレビュー »)
P.F.ドラッカー
ドラッカーの技術系マネジメント論の集大成。技術経営にかかわる人間にとって非常に重要な哲学書的文献。
RECOMMEND
ビジョナリー・カンパニー 2 - 飛躍の法則
ビジョナリー・カンパニー 2 - 飛躍の法則 (JUGEMレビュー »)
ジェームズ・C. コリンズ
偉大な会社に導いた経営者に関する研究。真のリーダのあるべき姿を考えるきっかけになる良書。
RECOMMEND
お客の心に飛び込め!――実践ゲリラ・マーケティング入門 (講談社BIZ)
お客の心に飛び込め!――実践ゲリラ・マーケティング入門 (講談社BIZ) (JUGEMレビュー »)
J.C. レビンソン,W. リード
話題のゲリラマーケティングの入門書。顧客視点でマーケティングを組みなおす。
RECOMMEND
コトラーのプロフェッショナル・サービス・マーケティング
コトラーのプロフェッショナル・サービス・マーケティング (JUGEMレビュー »)
フィリップ・コトラー,トーマス・ヘイズ,ポール・ブルーム
数少ないプロフェッショナルサービスに特化したマーケティング論。
RECOMMEND
Hot Pepperミラクル・ストーリー―リクルート式「楽しい事業」のつくり方
Hot Pepperミラクル・ストーリー―リクルート式「楽しい事業」のつくり方 (JUGEMレビュー »)
平尾 勇司
Hot Pepperの成功ストーリーを振り返りながら、事業開発、組織、リーダシップ等に関する具体的な知見を与えてくれる実践書。
RECOMMEND
マイクロトレンド―世の中を動かす1%の人びと
マイクロトレンド―世の中を動かす1%の人びと (JUGEMレビュー »)
マーク J.ペン,E.キニー・ザレスン
1%の強烈な個性によるマイクロトレンドに注目した書籍。
本書では、41のグループに関して考察をされている。事業機会を捕らえる上での重要な視点を与えてくれる
RECOMMEND
事業戦略のレシピ
事業戦略のレシピ (JUGEMレビュー »)
鬼頭 孝幸,山邉 圭介,朝来野 晃茂
ローランド・ベルガーのコンサルタント陣による戦略策定と実行計画への落とし込みに解する解説書
RECOMMEND
ザ・ファシリテーター
ザ・ファシリテーター (JUGEMレビュー »)
森 時彦
ファシリテーションに関する入門書。小説仕立てのストーリーの中で、ファシリテーションスキルと考え方がなんとなく身に付いた気になれます。
RECOMMEND
ファシリテーター養成講座―人と組織を動かす力が身につく!
ファシリテーター養成講座―人と組織を動かす力が身につく! (JUGEMレビュー »)
森 時彦
「ザ・ファシリテーター」の中で紹介されていたファシリテーション手法に関して丁寧に解説されている。セットで読むと効果あり。
みんなのブログポータル JUGEM          
SPONSORED LINKS
         

(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.